FXにおけるロスカットとは。

FX取引でロスカットといわれるものは、いわゆる強制決済というものです。FXでは、レバレッジと言われる倍率を増やすことができます。これは、儲けも損も何倍にも膨らませることができるものです。そのため、倍率をかけすぎると、もっている資金以上にあっというまに損失を出すこともあるということなので、もっている資金以上のあるレベルを超えた損失が出る場合に、強制的に取引を終了することがあります。これをロスカットといいます。ロスカットが行われるということはすなわち、強制的に大きな損失を作らされるといった感じですので、FX取引をする上では当然ロスカットは避けたいものです。ただ、通常の外貨取引と違って、倍率をかけることによって本来の資金力以上の取引ができてしまうため、ロスカットがもし存在しないとなると、むしろそちらのほうが恐ろしい額の損失を出してしまう恐れがあります。資金を失うどころか借金を背負うはめになるということです。ロスカットは資金を最低限守るためのギリギリの策ですが、とてつもなく市場が動いた場合には対応しきれず、本当にマイナス残高になることもありえますので注意が必要です。

none

サブページ